米原商事株式会社

お客様の生命や財産を守っているんだ!そんな使命感を肌で感じられて新鮮です。

安丸 秀高 所属:設備部 入社:平成24年
ある意味では、お客様にとって未知の設備。 稼動しないことで感謝される、それが防災設備。 白黒がはっきりしている仕事が自分には合っている。
設備部の一員としての守備範囲と言えば、消防設備の設計施工、火災報知器の販売・設置、消火栓の保守点検、さらには、消火訓練の助言や立会いまで、文字通り防災のすべてにわたるといっても過言ではありません。
ふつうは誰もが、消防設備の存在など意識することなく、毎日を暮らしています。必要だとは思うけれど、実際にお世話になりたくはない設備。ですから、なかなか積極的に消防設備を知ろうとするお客様が少ないのも現実です。
お客様にしたら、いつまでも未知な設備のまま、縁の下で安全と安心を守り続けてくれればと願うのは当然なことです。でも、それだからこそ、正しい使い方を知って頂くことはもちろん、定期的な点検やメンテナンスが欠かせません。
取り扱い方の説明をしたり、万が一に備えての心構えなどを話し合う中で、ごく自然にお客様との信頼感が生まれ、新しいお客様を紹介して頂いたりすることもあって、そんなとき、この仕事ならではの遣り甲斐を実感します。
消防設備というのは、消防法などの法律で決まっている部分が多くて、設置するかしないか、定期的な点検をするかしないか、それぞれ選択の余地のない面もあるのですが、なかなかスムーズにいかないのも現実です。
私自身は、性格的にルーズなのは嫌いですし、何事も白黒をはっきりさせたがる方ですので、ちゃんとした法律のもとでの仕事が性に合っているように思います。きょうも、万が一にでも稼動することのないことを願いながら、お客様の生命と財産を守る仕事なんだという使命感を胸に、あちこち飛び回っています。

他のメンバーを見る

ページトップへ

米原商事株式会社 トップページへ サイトマップ お問い合わせ 採用 事業紹介 会社概要