米原商事株式会社

安全管理
HOME > 事業紹介 > レッカー > 安全管理

安全管理

細心のチェックから達成される確かな安全

クレーン作業にとって何よりも優先されなければならないことは「安全」。これに対して米原商事では、総合的な安全管理によって安全の確保に努めています。管理者およびオペレーターについては、経験豊富で熟練した専門スタッフによるオペレーター研修、運転指導教育、安全、管理者研修などを行った上、安全パトロールの定期的な実施により、徹底した安全作業のフォローアップを行っています。また、車両については、整備センターでの整備・点検・修理に加え、移動巡回車でのきめ細かい対応により常に完璧な車両状態を維持しております。

安全管理者・車両整備管理者研修

現場で安全作業を行うため、さまざまな社内研修を行っています。法令を遵守し、最新の技術でサービスするため、安全運転管理者、車両整備管理者等の社内研修を行い、新たな情報の獲得と知識の周知徹底をしています。

オペレーター研修

当社では、仕事を通じお客様に「安全安心」を提供するために、毎年オペレーター研修を定期的に開催しています。ここでは作業にかかる知識・技能の習得はもとより、人材育成の場として、元気で明るいあいさつや会話ができる”習慣づくり“、安全第一を基本に忠実な動作ができる”行動づくり”、そして、人としてコミュニケーションを大切にする”仲間づくり“を大きなテーマとして取り組んでいます。

運転指導教育

クレーン免許を取得したからといって、すぐに現場で作業を行うことはできません。このため当社では、基本的な知識や操作のほか、複雑な吊荷運搬に対応するための技術や、現場環境に即した安全作業を行うためのスキルを習得するため、一定の期間、運転指導教育を実施し、お客様にとって安心のできるオペレーターの育成に努めています。

安全パトロール

専門スタッフによる各拠点の指導や、各クレーン作業現場など、安全パトロールを定期的に行なっています。

ページトップへ

米原商事株式会社 トップページへ サイトマップ お問い合わせ 会社概要 事業紹介 採用